今日、仲良しの鈴木尚子さんがこんな記事を書いてくれたので、
そこからこのブログに来ていただいている人もたくさんいらっしゃることと思います。

尚ちゃんの記事を読みながら、私自身もなんだかグッと来てしまいました。

で、それに応えるアンサーソングならぬ、アンサー記事みたいな感じ?ですが
久しぶりにパートナーシップのことについて書いておきます。



今年もこの季節がやってきました!



今月20日、東京霞ヶ関のイイノホールにて開催されます。


個人的には、このイベント、片づけ業界を もっとフラットに もっと身近にするための意義あるイベントだと思っているのです^^



今年のファイナリストたちを眺めると(今年は個人/法人部門の枠が取り払われたので)
過去3年の中でもっともバラエティに富んだ事例の数々が紹介されることと予想されます。

そもそもいつから「クローゼット」という言葉は市民権を得たのでしょう・・・?


アラバブ世代の(←アラウンドバブルな人達ね)私の記憶をたどってみると、
中学三年生で初めて自分の部屋を用意してもらったときは、
押入れとは異なる備え付けのお洋服収納スペースが壁に埋め込まれていたけれども
そのときは「クローゼット」なんて洒落た名前では呼んでいなかったはず・・・
(多分「壁のタンス」とか言ってたのかも?^^;;)


今週水曜日に開かれた


ご本人もおっしゃっていたように、
こうやって祭られて(笑)前に出るというのは性分ではない「ともにゃん」だったけれど
(吉本理事をともにゃんと呼ぶ数少ないLOの一人が私^^)

今回は、吉本理事の出版を(こういう本が世に出たことを)
「お祝いしたい!」という仲間たちの思いが溢れたパーティで、
ともにゃんもこの上ない笑顔で楽しんでいた様子・・・


今日は「思春期までに伝えたい!親子のための恋愛性教育講座」名古屋開催でした。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。


この講座は、私がライフワークとして取り組んでいる
「人間関係形成モデル」の性教育について、
普段、私がどんな風に高校生たちに伝えているかというポイントを交えながら、
ご自宅で親御さんがお子さんたちに話していただきやすいようにまとめています。